メニュー

遺品整理とは何か? - 名古屋の遺品整理 改(あらた)|遺品整理・特殊清掃はお任せ下さい

名古屋で遺品整理特殊清掃なら改 

電話番号

m teaser

LINEからのお問い合わせはこちら メールからのお問い合わせはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

遺品整理とは何か?

作成日:2018年08月31日(金)

最近、テレビ番組などで、遺品整理の会社がよく取り上げられるようになってきました。遺品整理をテレビ放送に晒すのはいかがなものか?生前、故人に許可は取ってあるのか?という、ちょっとした疑問もありますが、ここでは、遺品整理とは何なのかを考えてみたいと思います。

 

まず、遺品整理の「遺品」という言葉の定義ですが、これは、亡くなった方が生前使用していた物品全般の事を指します。具体的には、生活用品、家具家電、衣類、趣味趣向品、雑貨など、多くの種類に分別出来ます。遺族が亡くなった時に、よくかわされる言葉に、「形見分け」という言葉がありますが、この形見分けは、遺品を遺族で分け合う事です。

 

そういった遺品を扱って、整理する仕事の事を遺品整理と呼びます。

 

遺品の中には、亡くなられた方が、日々大切に使われていたものがたくさんあります。なので、当たり前ですが、遺品整理の会社がそういった物を整理する際には、亡くなられた方の気持ちになって、大切に扱わなければなりません。これが故人に寄り添い、真心を込めて作業を行うという意味です。

 

遺品整理といっても、中にはほとんどが不用品として、撤去する場合があります。ただ、撤去するにしても「遺品整理」と「遺品処理」は全く違います。“整理”と“処理”では言葉の意味も全く違いますが、そのとおりで、遺品処理の場合は、遺品を処理する。つまり、「ごみ」と同等の扱いになってしまいます。なので、健全な遺品整理を志す会社は、その点をきちんと理解しなければ、遺族の想いに反した状態になってしまう可能性すらあります。

 

ご遺族の中には、なかなか遺品が詰まった家を片付けられず、固定資産税が毎年かかるのに、そのままの状態でずっと放置している方も多くいらっしゃいます。仮に、この遺品の処理を頼まれた場合でも、遺族の気持ちになって、遺品の扱いを丁寧に行うべきなのです。

 

遺品整理をご依頼される方の中には、高齢のためにご自身では整理が難しい方や、別居していて家が遠い方、お仕事が忙しくて時間が取れない方が多いです。

 

以前新聞で、悪質な遺品整理業者が、回収した遺品を不法投棄したという記事を読みました。すごく悲しい出来事です。体力や作業の現場技術を身につける事は大事ですが、遺品整理業者にとって本当に必要なスキルは、故人を想う御遺族に対して、十分な気配りができる事じゃないでしょうか。